読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hugo’s blog ~釣り日誌 in hokkaido

北海道の苫小牧市を拠点にした釣り日誌です。ほぼ自己満で書き残しますが、釣りに行く人の参考情報になったりすると嬉しいかもです。

チカの寒干しを作ってみた。

北海道で年中釣れるサビキ釣りのターゲットと言えば、やっぱチカですよねー。

 

チカと言えばチカフライ。チカフライ大好きなんです。自分、釣ったチカはほぼフライでいただきます。

 

ですが、さすがに、ここ最近休み日の度に大チカの大爆釣が続き、冷凍庫にあるフライ用のチカの開きの備蓄も60匹以上。これ以上在庫を抱えてもナー…。

 

ってことで今回はチカ寒干しにチャレンジしてみました。

 

用意したものはコレ!

f:id:sk-hugo:20170119113419j:plain

よく海の近くの家とかにぶらさがってるのを見かけるヤツっすね。いやなんか粋な道具っすねー!

 

ネットでかき集めた情報を頼りに干物作りにとりかかります。

 

まず、チカのエラ、内蔵、血合いを除きます。

 

んで次に、塩水に漬けて、冷蔵庫で寝かします。

 

ネット情報によると、5~15%の塩水。時間は30分~1時間程度。濃度と時間は、おサカナの大きさや脂のノリに合わせて調整してクダサイとのこと。

 

う~ん、オレ初心者!ワカラン!

 

なので、とりあえず10%を1時間でやってみました。1リットルの水だったら100g。カンタンですねー。

f:id:sk-hugo:20170119113742j:plain

f:id:sk-hugo:20170119114118j:plain

こんなカンジ。見た目、けっこう濃いです。

 

次に冷蔵庫から取り出したら、キッチンペーパーで水分を拭き取り、干しかごに並べます。

f:id:sk-hugo:20170119114231j:plain

キレイに並びました~。

 

まあ、あとは干すだけですね。登山用のカラビナで洗濯の物干し竿を掛けるトコに固定。

f:id:sk-hugo:20170119114313j:plain

さて、あとは半日から一日外の風に当てるわけですね。

 

さてどーなるかなー?

 

ワクワクしながらも、寝ますー。

 

 

 

・・・。次の日

 

f:id:sk-hugo:20170119114502j:plain

!?

!?

!?

 

大荒れやん・・・。

 

まあ、天気予報どおりだったんですが、ここまでぐちゃぐちゃになるとは・・・。

 

ちょっとぐらいの風雪ならカゴでブロックされてダイジョブなんじゃないかって思ってたんだけど、ちょっとぐらいじゃ済まなかったみたいです(›´ω`‹ )

  

気を取り直して、カゴをユッサユッサ揺らして雪を捨てて、一旦おサカナを冷蔵庫へ避難。お腹の中は雪だらけ。尻尾もカゴを揺らしまくったのでボロボロに・・・。

f:id:sk-hugo:20170119114956j:plain

 

 キッチンペーパーで雪と水分を拭き取ってもう一度干し直しです。午後からの天気予報は晴れだからきっとダイジョーブ!

f:id:sk-hugo:20170119115506j:plain

それでも日中の温度は予報で-1℃。

見た感じ半分凍ってるような感じだけどホントに水分抜けるんだろうか〜?(›´ω`‹ )

 

午後からしばらく干して、午後5時くらいにカゴを下げたんですが、こうなりました。

f:id:sk-hugo:20170120111549j:image

おお!キレイに干しあがってんじゃんか!!生臭いにおいも無くなり、干物の良い香りになってるようです。

 

すぐに焼いてみました〜。

f:id:sk-hugo:20170120111729j:image

f:id:sk-hugo:20170120111732j:image

 

 

まぃぅ~♪

 

超・まぃぅ~♪!!

 

焼くと香ばしく、魚の旨みが凝縮しながらも、サッパリした後味。

 

高級シシャモに勝るとも劣らない…。

いやいや、こりゃあ自分的には完全に勝ってまっせ!!

f:id:sk-hugo:20170120112034j:image

今日中に食べない分はジップロックして冷凍庫で保存。解凍しておけばいつでも焼いて食べられマース。

 

ってことで色々ありましたが結果オーライで大成功。超・ウマい、チカの寒干しができあがりました〜。

 

お酒のお供にして良し!おかずにも良し!保存も効いて良し!非常にオススメなので、チカを釣りすぎて処分に困ったら一度お試しあれー。

 

v(。・ω・。)ィェィ♪